芸能人

夏帆のsilentのリュック開けがあざとい?演技が上手すぎて大絶賛も!

毎回放送で泣かされるとして話題になっているフジテレビのドラマ「silent」。

silentに出演中の女優・夏帆さんの演技にも注目されています。

夏帆さんがsilentでろう者の役を演じているのですが、「リュック開け」の演技があざといと言われています。

どういうことなのでしょうか。

また、silentでの夏帆さんの演技が上手すぎて、号泣する人が続出しているようです。

どんな演技なのか見てみたいですよね。

 

今回は、

夏帆のsilentのリュック開けがあざとい?

夏帆のsilentの演技が上手すぎ

についてリサーチしました。

夏帆のsilentのリュック開けがあざとい?

silentで夏帆さん演じる奈々がリュック開けをしてあざといと言われていますが、想の気を引くための手段だったからです。

夏帆さん演じる奈々は、silent3話でリュックを開けた状態にして、好意を持つ想に近づきます。

想にリュックを閉めてもらうためにわざとリュックを開けていたのですね。

この行動に「あざとい」という意見がネットで多く上がりました。

ですが、silent6話の夏帆さん演じる奈々と紬のやりとりを見て、「あざといと思ってごめん」という方もたくさんいらっしゃいました。

ちなみに上のツイートにもありますが「リュックのわざと開け」は、矢沢あいさんの大人気漫画「NANA」でもされていた“あざとい技”だったのです。

そのため、silentで夏帆さん演じる奈々をあざといと思う視聴者も多かったのかもしれませんね。

夏帆のsilentの演技が上手すぎて大絶賛も!

silent6話での夏帆さんの演技が上手すぎると大絶賛されています。

ネット上で特に評価されているのが、奈々が手話で紬に想への想いを吐露している場面です。

奈々の辛い気持ちが手の震えや表情から伝わって、号泣する視聴者が多くいたようです。

ろう者の役を演じるだけでも難しいと思いますが、役になりきって感情をも視聴者に伝えるって、女優としての実力がすごいからできることですよね。

夏帆さん演じる奈々の今後の展開にも注目です。

まとめ

夏帆さんのsilentのリュック開けがあざといと言われる理由や、演技が上手すぎる場面についてまとめました。

夏帆さんは好意を持っている想に、ファスナーを閉めてもらうためにわざとリュックを開けていたので「あざとい」と言われていたのですね。

また夏帆さんがsilent6話で、手を震わせながら手話をしているところや表情の演技が上手すぎて、辛さが伝わって号泣する視聴者が多くいたようです。