芸能人

村山輝星の父親が亡くなった理由や遺言とは?兄弟や母親についても調査!

Eテレ「えいごであそぼ」やauのCMの桃姫役で有名となった子役の村山輝星さん。

いつも弾ける笑顔と元気ハツラツな感じがかわいいですよね。

そんな村山輝星さん、2022年の日本テレビ「24時間テレビ」でトライアスロンに挑戦します。

村山輝星さんがトライアスロンに挑戦するのは父親がトライアスロンの選手だからですが、父親は村山輝星さんが2歳の時に亡くなっているのです。

村山輝星さんの父親が亡くなった理由はなぜなのでしょうか。

村山輝星さんの父親は遺言を残されていたそうですが、どのような遺言なのか気になります。

また、村山輝星さんの兄弟姉妹や母親についても気になるところです。

 

今回は、

村山輝星さんの父親が亡くなった理由

村山輝星さんの父親の遺言

村山輝星さんの兄弟や母親

についてリサーチしました。

村山輝星の父親が亡くなった理由

村山輝星さんの父親が亡くなった理由は病気ですが、詳しい病名などは分かっていません

村山輝星さんの父親は浩一さんと言って、トライアスロンの選手でした。

また、父親・浩一さんは中野区トライアスロン協会の地区代表者でもありました。


引用:ワールドトライアスロン

そんな父親・浩一さんは村山輝星さんが2歳の2012年に亡くなっています。

2012年当時、村山輝星さんの父親・浩一さんは35歳という若さでした。

村山輝星さんの父親・浩一さんは2012年4月1日に開催された「第14回Lafuma青梅高水山トレイルラン」に出場予定で、エントリーもしていました。

引用:KFCトライアスロンクラブ

ですが、結果の欄に「DNS(=Do Not Start/スタートできない)」という記載があります。

この頃には父親・浩一さんは体調が悪かったのかもしれません。

同年の2012年に村山輝星さんの父親・浩一さんが亡くなられているので、かなり急性のご病気だった可能性が考えられます。

村山輝星の父親の遺言

村山輝星さんの父親・浩一さんは、「3歳になったら娘にトライアスロンをさせて欲しい」という遺言を残していました。

トライアスロン選手だった父親の「娘にもトライアスロンをして欲しい」との遺言を受け、小学校最後となるこの夏、「トライアスロン」に挑戦することを決意した。

引用:ORICON NEWS

村山輝星さんの父親・浩一さんはトライアスロンの競技の普及に尽力されていました。

それもあってか、「3歳になったらトライアスロンをやらせてほしい」と、村山輝星さんの母に遺言として伝えていたようです。

そして父親・浩一さんの遺言の通り、村山輝星さんは3歳から水泳を習い始めて、小学1年生の頃にはトライアスロンの大会にも出場しました。

ですが、村山輝星さんは実はトライアスロンは苦手のようです。

去年2021年に開催された「オールキッズトライアスロン大会」では最下位でした。


引用:オールキッズトライアスロン

村山輝星さんは自身のYouTubeチャンネルにて「速くはないけどトライアスロンをやっている」と話しています。

1:26のあたりで村山輝星さんがトライアスロンについて話しています。

結果だけを見ると村山輝星さんはトライアスロンが苦手なのかもしれません。

ですが、競技は結果だけではありませんし、何より父親・浩一さんは嬉しい想いで見守っているでしょうね。

村山輝星の兄弟姉妹や母親

村山輝星さんは父親、母親の3人家族で兄弟や姉妹はおらず一人っ子です。

兄弟・姉妹

村山輝星さんは兄弟・姉妹はおらず一人っ子であることは、上に載せたYouTubeチャンネルの動画の8:30あたりで話しています

インタビュアーの「子供は何人欲しい?」の質問に対して、

わたし今ひとりっ子で寂しいから、10人ぐらい欲しい

と村山輝星さんが回答しています。

母親

村山輝星さんの母親の名前はわかっていませんが、とても美人な母親であることがわかりました。

その顔画像がこちら。


引用:劇団東俳

村山輝星さんの母親はとても美人ですし、村山輝星さんとそっくりですよね。

また、村山輝星さんの母親の職業も不明ですが、高収入なお仕事なのではないかと考えられます。

というのも、村山輝星さんが所属する劇団東俳にかかる費用を調べると、入学金9万円、レッスン料が月2万円という情報がありました。

初年度は33万円の費用がかかってくるのですね。

(非公式の情報なのであくまで参考程度にご覧ください。)

さらに村山輝星さんの通う小学校慶應義塾横浜初等部です。

慶應義塾横浜初等部の費用がこちら。

入学金

340,000円

授業料(年額)

940,000円

教育充実費(年額)

470,000円

給食費(年額)

110,000円

引用:慶応義塾横浜初等部

1年間で約150万円の費用が必要となります。

専業主婦ではこの金額を毎年払うのはなかなか難しいのではないかと思われます。

なので、村山輝星さんの母親は医師や弁護士など、高収入の職業に就いているのかもしれません。

 

ちなみに、村山輝星さんが通う慶應義塾横浜初等部の偏差値は60〜61で、女子の倍率は約14〜16倍と言われています。

かなり狭き門の中、村山輝星さんは合格されたのです。

村山輝星さんの母親は教育熱心なママなのかもしれませんね。

まとめ

村山輝星さんの父親が亡くなった理由や遺言、兄弟や母親についてまとめました。

村山輝星さんの父親が亡くなった理由は病気とのことでした。

村山輝星さんの父親は「輝星さんが3歳になったらトライアスロンをさせて欲しい」という遺言を残していました。

また、村山輝星さんの兄弟姉妹はおらず一人っ子で、母親は教育熱心なままであることがわかりました。

村山輝星さんの今後の子役としての活躍がとても楽しみです。

24時間テレビのトライアスロンも頑張ってください!